飲食店を営む場合には、初期費用が1000万円ぐらいかかるのが普通になります。個人で営む場合は、フランチャイズに加入するよりも安くなりますが、それでも最低1000万円の初期費用を用意するのが普通です。それだけ初期費用がかかる飲食店を開業は多くの人にとってそれほど容易なことではありません。この場合に重要になるのは、当然どれだけ初期費用を減らすことができるかです。初期費用のうち多くは店舗の費用と、設備や備品などにお金がかかります。これらを減らすことができれば、金銭的な負担を少なくなり、精神的にもかなり楽をすることができるでしょう。そこで利用したいのが居抜きの物件になります。この物件の特徴は、前のオーナーの設備や備品がそのままになっている物件になります。

初期費用を大幅に減らすことができる点は大きな魅力

居抜き物件の最大の魅力は、初期費用をかなり減らすことができる点です。まず、設備や備品を新しく購入する必要はあまりありません。前のオーナーと同じ業種を始めたいのであれば、開店するときに必要なものはたいていそろっているはずです。例えばテーブルやいす、冷蔵庫や冷凍庫などは購入すると全部で300万円ぐらいしますが、それらがそろっているおかげで、新たに購入することがなくその分初期費用を減らすことが可能になります。また、壁紙などもそのまま利用することもできます。もちろん、壁紙を新しく変えても問題ありませんが、初期の段階ではできるだけ出費を減らすためにわざわざ変更せずそのまま使うことも必要でしょう。このように、物件を工夫するだけで大幅に初期費用を安くすることが可能です。

お店のアピールをしなくても集客をすることができる

周辺の住人は前にそこにお店があったことをよく知っています。これからお店を始める場合であればまず宣伝をしなければなりませんが、宣伝費用はかなりお金がかかります。ですが居抜き物件を利用すると、それほど宣伝をしなくても、お客さんを集めることができます。もちろん、最低限の広告やチラシなどを作る必要がありますが、全くゼロからスタートするのとは違い、そこにかける費用も少なくて済むでしょう。前のオーナーの時に通っていたお客さんをそのまま引き継ぐことも可能です。多くの人にとっては、オーナーが変わっても気にせず、相変わらず食べてくる可能性が高いです。ただし、業種が少し違う場合は注意が必要になります。前の店はラーメン屋で、新しいお店は和食屋であれば、同じ食べ物でも全く違うふうに認識をしているはずです。その場合はしっかりとした宣伝を行うべきです。