以前のテナントと同じ場所に同じような店ができるということは珍しくありませんが、これは居抜きと呼ばれる出店をしているためです。このような出店をするというのはそれだけ多くのメリットがあるためなので、何かの事業を立ち上げようとしている人はそのメリットをよく理解しておくことが大切です。全く新規に事業を立ち上げるにしても、様々な出店形態のメリットを知っておいて損はありませんから、覚えておくようにすると良いでしょう。知識が増えればそれだけ選択肢が増えるということになり、状況に合わせて最善の選択をすることができるようになるので、これから事業を行うことを考えている人にとっては必須の知識となります。居抜きは開業をするときの選択肢として、非常に重要なものということを理解しておくことが大切です。

費用を安く抑えることができるのがポイント

居抜きで事業を起こす理由のひとつとしては、コストを削減することができるという点にあります。それまで入っていたテナントの設備を流用することによって、開店に伴う費用の削減を行うことができます。何も設備がない状態で開業をする場合には、設備を導入しなければなりませんし内装工事も行わなければなりません。全てを使いまわすことができないにしても、流用することができるものがあれば開店に伴う費用を抑えることができますから、できるだけ費用をかけたくないという時に適しています。特に同じ業態の店を開店することを考えているのであれば、流用することができる部分が多くなるので、ほとんど費用をかけずに開店をすることができるということもあるので、事業を起こすリスクも抑えられます。

開店までの期間が早くなるのもメリット

居抜きは費用の面だけでなく、時間の面でもメリットがあります。すでに設備が整っているということは、極端に言えばそのまますぐに開業をすることもできるわけですから、スピーディーな展開で事業を起こすことができます。何かのブームに乗じて事業を起こそうと考えている場合には、スピードが何より重要なものとなってきますから、すぐに開店をすることができるというのは非常に大きな利点だといえます。もちろん、実際には最低限の内装工事をしたり追加で必要な設備を導入することになりますから、ある程度の時間はかかりますが、それでも完全に一から店舗を作り上げるよりはずっと早く開業をすることができるので、チャンスを逃しません。場合によってはコストの利点よりも時間の利点のほうが、上回るということもあります。