既に設備があるので初期投資の費用が安く、開業までの期間も短いというメリットがあるために、新店舗探しの時に居抜き物件を探す経営者も多いのではないでしょうか。しかし、物件数は一般のテナントに比べて圧倒的に少ないというのが実情です。良い物件はさらに数が少なく、競争率も高くなるので自分の店舗に最適なテナントはそう簡単には見つからないでしょう。たとえ良さそうなテナントが見つかっても、自分好みにキッチン設備や内装を整えようとすると、かえって費用がかかってしまう場合もあります。かといって、迷ってばかりでは店舗のオープン時期が遅くなるだけです。では、どのようなポイントに気をつけて探せば、メリットを最大限に活かせるテナントを見つけることができるのでしょうか。

おすすめの居抜き物件を探す時のポイント

店舗には業種ごとに最適な立地条件というものがあります。しかし、その立地条件に当てはまる場所で、以前に同じ業種が入っていたテナントを探そうと思っても簡単に見つかるものではありません。既に居抜き物件として募集が出ているものだけではなく、同じ業種の普通のテナントも加えて不動産会社に相談することが大切です。そして不動産会社とコミュニケーションを密にして、解約予定のテナントがあれば事前に教えてもらうように依頼します。その店舗に設備を残してもらうよう交渉すれば良いテナントを良い条件で借りられる可能性が広がります。もちろん専門の検索サイトを利用して既に募集されているテナントを探す努力も必要です。その場合は競争率が激しくなるので、良い物件を見つけたらすぐに決断することが重要になります。

居抜き物件を選ぶ時のチェック事項

一般住宅ではトラブルがあった物件というものはイメージが悪く嫌われます。それは店舗でも同じで、お客は意外と以前の店舗のイメージを引きずってしまうことが往々にしてあります。ですから、契約する前に以前のテナントがなぜ撤退することになったのかをチェックすることが大切です。立地条件が悪いならともかく、対応がよくないためにお客が離れていってしまった、味が悪くかったなど、以前の店舗の評判は必ず確認しておくことが大切です。初期費用やオープン時期ばかりに気を取られていると見逃しがちなポイントとなるので注意が必要です。また、契約内容の確認も大切です。よくあるトラブルとして設備の所有者が曖昧で修理や撤去時に揉め事になることがあります。責任の範囲を契約書で確認しておくことが大切です。